衛生管理

歯科治療では出血を伴う処置が多いため、使用する器具が滅菌されていないと血液を介した院内感染が起こる可能性が高くなることが

分かっています。
にもかかわらず、治療器具の滅菌には多くの手間と費用が必要です。


当院では、手間やがかかろうとも治療器具の滅菌を徹底するという選択をしています。

直接触れない滅菌も確実に行うことこそが、患者さんそして自分たちの安全・安心につながると考えています。

使用後の器具は複数の工程で滅菌しています。

器具は水洗したのち超音波洗浄機で付着した汚れを分離します。

超音波洗浄器は、通常の水洗では落としきれない細かい汚れを取るために使用します。

器具を消毒液の中に入れ、超音波にかけることで、洗浄・消毒効果が高まります。

超音波で汚れをとった後、薬液に漬けてタンパク質を分解処理します。血液や体液に触れた道具は滅菌されます。

 

さらに、高温高圧に耐えられる器具はすべて、オートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)にて滅菌しております。

外科器具な器具はパッキングして滅菌しており専用の器具庫で保管しております。

使用する直前まで中は滅菌状態です。ご安心下さい。

滅菌消毒済みのトレー(型取りの道具)は使用直前まで

紫外線殺菌ケースに収納しています。


他の道具も紫外線の力で微生物の繁殖・侵入を防ぎ、患者さまのお口に触れる器具を常に清潔に保ちます。

当院では患者さまごとにハンドピース(歯を削る機械)を滅菌することができます。通常のオートクレーブではハンドピース内の滅菌が不十分になりますが、高温のオイルを器具の内部へ注入することで機械の隅々まで滅菌できます。

ディスポ(使い捨て器具の活用)








使い捨て可能のものは全て使い捨てにしています。
例えば、あなたが直接ふれるコップやエプロン。
スタッフが使用するグローブは患者様ごとに必ず交換しています。

スリッパ

患者さんの履くスリッパも殺菌処理しています。

紫外線滅菌庫で消毒されております。

 

また、スリッパは毎日アルコール消毒するため、

午前中は黒のスリッパ、午後は茶色のスリッパです。

 

子供用のスリッパはアンパンマンと妖怪ウォッチです。

 

 

 

 

清掃

患者さんが触れる可能性のある、扉の取っ手や床、壁、待合室の椅子、子供部屋のおもちゃもすべて毎日プロセプト(第4級アンモニウム化合物、N-アルキルアミノプロピルグリシン)で清拭、スプレーしております。


ノロウイルス/インフルエンザ/結核菌/マイコバクテリア殺菌/B型肝炎ウイルス/HIV/BVDV/C型肝炎ウイルス/単純ヘルペスウイルス/インフルエンザAウイル/アデノウイルス/ポリオーマウイルス対応です。



また、当院には清掃管理の専門職員が週に4回計12時間ほど医院を清掃消毒しております。


当医院では、EO水「酸化電位水=殺菌水」を利用しています。
このEO水はHIV、B型肝炎、C型肝炎、ヘルペス等のウイルスや、MRSA、インフルエンザ菌、緑脳菌、水虫、糸状菌、食中毒菌等のウイルスや細菌に対応しております。

EO菌水は酸性で酸味がありますが、ただちに普通の水に戻ります ので、人体には全く無害です。

予約のお電話は

0561-76-7000

米野木歯科第二駐車場のご案内

 

奥に軽自動車3台 普通車6

が駐車できるようになりました。

もし院内の駐車場が満車の場合

申し訳ありませんが

第二駐車場に移動お願いします。

なるべくお待たせしないように心がけております。

しかし、皆さんに満足行くように治療しようとしてもらいたいという希望で少し時間に遅れることもあります。

誠に申し訳ありませんが、よろしくお願い致します。